仮想通貨って一体何なの?基本的な知識を身に着けましょう!

仮想通貨はネット上で取引される通貨です

仮想通貨とはインターネット上でのみ取引される通貨のことで、紙幣や貨幣のように現物があるわけでもなく、特定の国家によって価値を保証されているわけでもありません。2009年以降、ネット送金や決済で使用されるようになり、取引所と呼ばれる会社に口座を開いて購入することができます。ちなみに、仮想通貨は円やドルにも交換することができます。仮想通貨は偽造を防ぐために複数のコンピューターでデータを管理しており、「ブロックチェーン」という技術で取引の記録を互いに共有し検証していきます。

仮想通貨の代表ビットコインとは

仮想通貨と聞くとまずビットコインを思い浮かべる方は多いことでしょう。ビットコインは2009年に開発され、現在は世界各地で使用されています。ビットコインの価値は2017年に20倍にも膨れ上がり、その年の終わりには1コイン220万円超という値を付けました。現在仮想通貨の種類は全世界で1千種類以上あるとされ、仮想通貨全体の時価総額は約59兆円に上ります。

どんなことに使用されているのか

仮想通貨は主に、商品を購入する時、送金する時、投資目的で利用されています。商品の購入はまだまだ一般化されていませんが、多くの店舗で仮想通貨で支払いをすることができるようになってきました。また、インターネット上やスマホのアプリでウォレットと呼ばれるお財布を使用して送金することができます。ダイレクトに相手のお財布にお金を送ることができ、特に海外送金の手数料が安く済むことが特徴です。そして一番多いのが投資目的で仮想通貨を保有することでしょう。現在も多くの人が仮想通貨の将来性を見据えて投資目的で購入しており、その価値も上がり続けると予想されています。

ビットコイン取引所の比較をする際には、まずは取引所運営会社の安全性とセキュリティーサービスの内容を調べましょう。その次に、取り扱っている商品の豊富さや手数料の高低を比較するとよいでしょう。