クレジットカードやデビットカードに現金やポイントを併用して支払うことは可能?

店のシステムが対応していれば併用できる

クレジットカードやデビットカードの利用金額にはかなり上限が存在します。クレジットカードであれば基本的に利用限度額を超える買い物に使うことはできませんし、デビットカードであれば銀行口座にある金額を超えて決済に使うことは不可能です。では、たとえば一万五千円分の買い物をする場合、クレジットカードやデビットカードで一万円分を支払い、残りの五千円を現金やポイント、金券などで払うといったことは可能なのでしょうか。カードとほかの決済手段との併用ですが、必ずできるとも、またできないともいうことはできません。というのは、店側のシステムによってできるかできないかが変わってくるからです。対応しているところであれば、カードと現金を併用することは可能ですが、そういう支払い方法は受けつけないというところも存在するでしょう。

一時的にカードの利用限度額を上げてもらう

カードと現金などを併用しないと払えないというケースは、たとえば、カードの利用可能額が一万円分しかなく、手持ちの現金が五千円しかない状態で、一万円以上の商品を買いたい場合が挙げられます。突発的に一万円以上の商品を買う必要が出てきた場合は併用を申し出るのはやむを得ませんが、あらかじめカードだけ、もしくは現金だけでは払えないとわかっているのであれば、カード会社に頼んで一時的に利用限度額を上げてもらうという方法があります。また、カード会社に頼むというのはちょっと気が引けるという場合は、カードキャッシングを行ってすべて現金で支払うというのもありでしょう。

ユーザーが一時的に決済代行会社に支払った代金をまとめて、支払い先に入金する仕組みです。クレジットカード決済や銀行での払い込み、コンビニ払いがこれに当たります。