イデコは自分のリズムで積み立てられる個人年金です

自分で行うから安心できる

イデコは国が強制的に加入させるのではなく、自分で毎月お金を積み立てる年金制度です。一定額を毎月積み立てて、定額預金・保健・投資信託などの金融商品を自分で運用していく仕組みになっています。60歳以降に年金か、または一時金として受け取ります。60歳になるまで引き出す事は出来ないので、注意してください。加入するには専用の口座が必要となり、金融機関によって運用できる金融商品や口座管理手数料が異なるので、事前に調べてみましょう。

イデコに加入するメリット

イデコに加入すると、積立金は所得控除の対象になります。60歳になってこの年金を受け取る場合は、「公的年金等控除」や「退職所得控除」の対象です。さらに、運用で得られた預金の利息や投資信託の運用益も非課税になるので、とてもお得です。加入できるのは、日本に住んでいる20歳以上から60歳未満の人ならば、誰でも可能となっています。

加入するには毎月いくら掛かるの?

イデコに加入するとき、月5千円からはじめられます。これよりも金額を増やしたいときには、千円単位で増額できます。ですが、職業によって上限が決っていますので気をつけてください。公務員は1万2千円、企業年金がある会社員は1万2千円・企業年金がない会社員は2万3千円、専業主婦(夫)は2万3千円、自営業は6万8千円です。途中で休止したり再開させることも自由となっていて、納付方法は銀行口座からの引き落としや給与天引きを選べます。掛け金の増減は毎年1月から12月までの期間に、1度だけ変更することが可能となっています。

イデコは、自分で資産運用をしながら将来の年金資産を作っていくための制度です。公的年金の不足を補うことができるほか、様々な節税メリットもあります。