社会労務士とは?業務内容や役割を知ろう!

社会労務士の業務内容とは?

社会労務士の正式名称は「社会保険労務士」といい、社労士と略されることもあります。社会保険や労務の専門家で、国家資格の取得が必要です。主に健康保険や国民年金・厚生年金保険などの保険業務に詳しく、企業内の労務管理もしています。社会保険労務士の業務は「社会保険労務士法」の第2条に記載され、それに基づいた業務をする決まりです。「1号業務・2号業務・3号業務」の3つがあり、1号と2号業務は社会保険労務士の独占業務としています。1号業務は労働や社会保険に関する申請書の作成や提出・労働環境における紛争解決手続き、2号業務は帳簿書類の作成です。3号業務として、人事や賃金に対するコンサルティング、労務管理なども行います。

社会労務士の役割とは?

社会保険労務士の役割は、労働や社会保険に関する法令を円滑に実施し、労働者の福祉向上や事業所の発達を促すことです。つまり、従業員が安心して働ける職場環境を整える手続きや相談、事業所の運営サポートなどをしています。特に、「就業規則の相談」は大切です。労働基準法では、10人以上の従業員がいる事業所は、就業規則の作成をしなければなりません。就業規則への必須記載項目も決まっていて、ルールに従うことが必要です。社会保険労務士は、会社の経営者と相談をして、就業規則の作成をサポートします。また、就業規則は、労働基準監督署長へ届け出るのも義務です。社会保険労務士は、書類の作成だけでなく手続きも行えます。

社会保険労務士の就業規則作成の金額は安価なものから高額なものまで会社によってさまざまですが、各企業に応じた就業規則を作成する場合の相場は約30万円前後です。