こんな方法がある!今注目されている資金調達方法

海外では珍しくない資金調達方法

ファクタリングは、会社が持っている売掛金をファクタリング会社に買取って貰うことです。違法性は全くなく、国も利用するのがよいとしている金融サービスになります。海外特に欧米では一般的な資金調達方法です。日本では実は1970年代には登場していたと言われますが、ファクタリングに関連する法律が制定されたことにより、2007年頃から普及しています。最近ではオンラインで完結できる、クラウドファクタリングと言うのもあります。

メリットとデメリット

メリットとしては、新たに借金することがないと言うことです。他の資金調達方法たとえば銀行から融資を受ける場合は、後から借りたお金を返済する義務が生じます。ファクタリングの場合、買取りされるかどうかは売掛先の信用が主に見られます。そのため自社の会社の経営状態が良く無くても、売掛金を買取りして貰えることがあります。デメリットとしては、手数料がかかることです。手数料には幅があり、1から30パーセント程度が相場になります。

サービス利用時の注意点

3社間ファクタリングの場合は、売掛け先に売掛金をファクタリング会社に売却することを知られてしまいます。売掛先が売掛金を売却するのは経営状況が悪いからだと、判断してしまうことも無いとは言えません。売掛金を売却したことを、売掛先に知られない方法があります。それは、2社間ファクタリングです。さらに2社間ファクタリングは、入金されるまでの時間が短いのが魅力があります。最短でサービスを申し込んだその日に、お金を手に入れることが可能です。ただ一般的に2社間の場合は手数料が高いので、手数料を低くしたい場合は3社間を選択することになります。

クラウドファクタリングを利用すれば、申し込みから契約までネット上で済ませることができます。そのため、書類提出などの手間がかかりません。