夫でも親権は取れるの?財産分与で言い分を通すには?

共働き時代の親権の問題

一定年齢以下の子供がいる夫婦が離婚をするとき、その子供の親権を夫が取るのか妻が取るのかでもめるときがあるでしょう。これまでは妻が親権を取るのが一般的とされていて、それは子育てにおいて母親の影響が大きいとの考えからです。しかし共働き時代では夫も子育てに大きく関わるようになり、一般的な判断で母親に親権が行くのは良くないケースもあります。どうしても夫が親権を取りたいのであれば、離婚トラブルに強い弁護士に相談しましょう。互いの協議で決まらないときは調停や裁判になりますが、夫が親権を取りたいならいかに親権者としてふさわしいかの証明が必要になります。弁護士に依頼をすれば、どんな証明を用意すべきかや調停委員への訴え方などを教えてもらえるでしょう。

財産分与問題解決のために相談

結婚は他人同士が一つの親族になる法的手続きで、将来的にはそれぞれの財産を相続する権利などが得られます。ただ婚姻関係を解消すれば相続の権利はなくなり、解消時に財産分与額が決まるとそれ以降いくら相手の財産が欲しくても受けられないでしょう。離婚において財産分与の話し合いがうまくいかないときは弁護士へ相談するのが良いでしょう。財産分与は婚姻後に夫婦で築いた財産をどう分けるかを話し合いますが、必ずしも離婚時にある財産だけが分与の対象ではありません。将来受ける公的年金であったり退職金も該当するときがあり、こちらも予め話し合っておかないと後から取り返しができません。納得いく財産分与を受けるには、財産分与の範囲を知るなど法的な知識が必要です。

mikataは様々な法的トラブルに対応した日本ではじめての単独型弁護士保険です。月額2,980円でサービスを利用することが出来ます。