弁護士に依頼したい!相談時に心掛けることは?

相談したい内容に実績があるか

何らかのトラブルが発生したときは、当事者同士での解決が難しいことも少なくありません。相手との力関係によっては、不本意な思いをすることも出てくるでしょう。住まいに関するトラブルもその一つです。先々で後悔しないためにも、弁護士への相談を検討することが大切です。ただし、弁護士に相談するときは、相談したい内容に実績があるかどうかを考慮する必要があります。弁護士は幅広い分野の事件を手掛けていますが、弁護士によって得意分野が異なるからです。ミスマッチを防ぐためにも、相談前には法律事務所サイトなどで情報収集しましょう。

料金体系がはっきりしているか

法律事務所のなかには相談料無料のところが存在します。その場合、相談時間や無料相談回数なども確認することが大切です。また、依頼に踏み切る前には、料金体系についても確かめる必要があります。相談時には提示されなかった追加料金が発生する可能性も否定できません。もちろん、事件解決までの期間が長期に及ぶなど、やむを得ない場合もでてきます。そんなとき、料金体系の説明がはっきりしていれば、費用が余分に掛かっても納得できるのではないでしょうか。

信頼できる弁護士かどうか

弁護士に相談しても、必ずしも依頼する必要はありません。弁護士に依頼すると多額の費用が掛かることも多いため、依頼するときは慎重に検討しましょう。弁護士への依頼に踏み切るには、信頼できる弁護士かどうかが大きな鍵を握ります。それを見極めるためには、法律事務所サイト内の体験談が役立つ場合もあります。また、弁護士に相談や依頼した人が身近にいるときは、その人から話を聞くとよいでしょう。ネットの口コミも参考にしましょう。

ミカタは不動産業などのトラブルに対応してくれる弁護士の団体で、法律や専門的な知識が必要な分野で活躍してくれます。